高知県の状況
1965年から2003年にかけて、多くの情報が見られました。特筆すべき事例として、市民団体が高知公園に1971年7月と10月に、それぞれ200頭ずつ放逐しています。その後、狩猟統計によると、1989年度に22頭の捕獲があり、その後年を追って減少していき、1998年度および1999年度にはそれぞれ1頭ずつだけとなり、狩猟記録は途絶えます。その後も散発的に生息記録はあるものの、すべてが1頭のみという記録であり、飼育個体が逃げ出したものと思われます。
全国の状況
全国各地で確認されているものの、その多くは一時的な確認と考えられている。エゾシマリスとの交雑が懸念されている。
シベリアシマリス(Tamias sibiricus)

目 名:ネズミ
科 名:リス
属 名:シマリス
原産地:アジア
環境省指定:要注意外来生物